NEWS

 
メンターグラフィックス
 

Cadenceから新型のニューラルネットワークDSP IPが登場-スタンドアロンで毎秒1テラMACの演算能力を提供

2017年5月8日、Cadenceは新製品となるニューラルネットワークDSP IPコア「Tensilica® Vision C5 DSP」を発表した。

プレスリリース文

「Tensilica® Vision C5 DSP」は、HWアクセラレータではなくスタンドアローンでニューラルネットワーク処理を実行可能なDSP IPで、自己完結型のニューラルネットワークDSPという意味で業界初の製品となる。

「Tensilica® Vision C5 DSP」の強みはニューラルネットワーク処理を用いるビジョン、レーダー/ライダー、センサーフュージョンなどのアプリケーション向けに最適化されたアーキテクチャを採用している点で、以下のような特徴を持つ。

・畳み込み関数だけでなく、あらゆるニューラルネットワークの演算層(畳み込み、全結合、プーリング、正規化)を高速化可能

・「Tensilica® Vision C5 DSP」が推論タスクを実行する間メインのビジョン/イメージングDSPを解放可能

・ニューラルネットワークDSPとメインのビジョン/イメージングDSP間のデータ転送が不要

これにより、毎秒1テラMACという高い演算性能とともに高い電力効率を実現(電力効率GPU比最大10倍)。シリコン実装面積は1平方ミリメートル以下に収まる。

CDNS_C5_01.jpg

CDNS_C5_02.jpg
※画像は全てCadence提供のデータ

Cadenceのベンチマーク結果では、市場で入手可能なGPUと比較して「Tensilica® Vision C5 DSP」による処理の方が、AlexNet CNNで最大6倍、Inception V3 CNNで最大9倍高速だったという事だが、CadenceはGPUとの比較よりも、電力効率、開発のし易さ、プログラマブル性など、ハードウェア・アクセラレータに対する優位性を強調している。

「Tensilica® Vision C5 DSP」は現在先行顧客とプロジェクトを進行中との話。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2017/05/17 ) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eda-express.com/mt/mt-tb.cgi/3903

 

ページの先頭へ