NEWS

 
メンターグラフィックス
 

RISC-Vベース・プロセッサを手掛けるSiFiveがTSMC IP Alliance Programに加盟

2017年9月26日、オープンソースのISA「RISC-V」ベースのプロセッサIPを手掛ける米SiFiveは、同社がTSMCのIP Alliance Programに加盟した事を発表した。

プレスリリース文

SiFiveは、「RISC-V」の開発メンバーらが設立したオープンソースのISA「RISC-V」ベースの商用プロセッサを提供する業界初のファブレスIPベンダ。既に複数の顧客を持ち、昨年11月に業界初のRISC-VベースSoCを出荷している。

今回同社が加盟した「TSMC IP Alliance Program」は、TSMCのエコシステムの一部となるIPベンダ向けのプログラムで、同プログラムに加盟することでTSMCのファブで利用可能なTSMC公認IPカタログに製品を登録可能となる。

当然ながら「TSMC IP Alliance Program」への加盟にはTSMCによる審査があり、今回SiFiveが同プログラムに加盟できたという事は、TSMCによる一定の審査をパスした事を意味している。SiFiveの担当者もコメントしているが、TSMCが同社をプログラムに受け入れたという事は、同社のみならずRISC-Vアーキテクチャーそのものにとって大きな価値となるだろう。

10/13開催のセミナーDSF2017では、国内初となるRISC-V関連の技術者講演を計7セッション実施する予定。

SiFive

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2017/09/28 ) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eda-express.com/mt/mt-tb.cgi/3954

 

ページの先頭へ