NEWS

 
メンターグラフィックス
 

HiSilicon最新の10nm SoC「Kirin 970」にはCadenceのDSP「Tensilica Vision P6」が搭載されている

2017年11月7日、Cadenceは中国HiSilicon社による同社DSP IPの採用事例を発表した。

プレスリリース文

発表によるとHiSiliconは同社最新のモバイル向け10nm SoC「Kirin 970」において、CadenceのDSP「Tensilica Vision P6」を採用。「Kirin 970」は8コアCPU、12コアGPU、専用AIエンジン、そして512bit SIMD Image DSPで構成されているが、このDSPがCadenceの「Tensilica Vision P6」でイメージングおよびビジョン・プロセッシング機能を実現しているという。

ifa2017-kirin970_03.jpg

HiSiliconが開発した「Kirin 970」は、親会社のHuaweiが今年9月にドイツで開催された家電見本市IFA2017で発表したもので、世界初のAIエンジン搭載SoCとして話題となった。同SoCは、Huawei製スマートフォンの最上位モデル「Mate 10/Mate 10 Pro」に搭載されている。

※画像はHuawei社HP上のデータ

※日本ケイデンス・デザイン・システムズ社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2017/11/15 ) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eda-express.com/mt/mt-tb.cgi/3969

 

ページの先頭へ