NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
 

CadenceとSynopsysがARMの最新コア「Cortex-A76」向けの開発キットを提供

2018年5月31日、CadenceとSynopsysの両社は、自社ツールにおけるARMの最新コア「Cortex-A76」のサポートをそれぞれ発表した。

Cadenceプレスリリース
Synopsysプレスリリース

ARMの最新ハイエンド・コアのサポート発表はEDAツートップの恒例行事となっているが、今回は両社ともに「Cortex-A76」向けの開発キットを提供するとの事。

Cadenceが提供するのは「Rapid Adoption Kits (RAK)」、Synopsysが提供するのは「QuickStart Implementation Kit (QIK)」で、いずれのキットも7nmプロセスの「Arm Cortex-A76」プロセッサをサポート。Synopsysの「QIK」は「Arm Cortex-A55」プロセッサもサポートしている。キットの中身には実装用のスクリプトやリファレンス・ガイドなどのドキュメントが含まれており、「Cortex-A76」をサポートする両社の各種ツールを用いた「Cortex-A76」ベースデザインのスムーズな実装を支援する。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/06/04 )

 

ページの先頭へ