NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
 

SynopsysのEVプロセッサ開発環境が機能アップ、ニューラル・ネットワーク・グラフの自動マッピングが可能に

2018年5月31日、Synopsysは同社のEmbedded Visionプロセッサ「EV6x」向けの開発環境「DesignWare ARC MetaWare EV Development Toolkit」の機能アップを発表した。

プレスリリース文

発表によると「DesignWare ARC MetaWare EV Development Toolkit」の最新バージョンには新たに「EV6x」プロセッサへのニューラル・ネットワーク・グラフの自動マッピング機能が追加された。また、ニューラル・ネットワーク・グラフのマッピングにおけるコンピューティング・パワー、メモリー、バンド幅を削減するオプション機能も用意された。

「EV6x」はEmbedded Vision向けのCNNエンジン搭載プロセッサで先頃業界初となる自動車の機能安全規格ISO 26262のASIL Dに対応した。「EV6x」はディープラーニング・フレームワークのCaffeおよびTensorflowと、8ビット/12ビット精度でトレーニングされたCNNグラフをサポートしている。

EV6x.jpg

日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/06/05 )

 

ページの先頭へ