NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
 

ZTE、米商務省の制裁緩和で米企業からの部品調達再開へ

2018年6月7日、日本経済新聞の記事:

米、ZTE制裁見直し 罰金最大1500億円 

米商務省は中国ZTEに対する米企業との取引禁止措置を解除する事を発表した。米商務省が科す罰金額として過去最大となる預託金を含む最大14億ドルの罰金、経営陣の刷新、米国が選んだ法令順守担当者の受け入れが条件。ZTE問題の解消により中国政府が待ったをかけていたQualcommによるNXP買収が進むと見られている。

日本経済新聞

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/06/08 )

 

ページの先頭へ