NEWS

 
メンターグラフィックス
 

キヤノンが1.2億画素の超高解像度CMOSセンサーを発売

2018年7月10日、キヤノンは1.2億画素の超高解像度CMOSセンサー「120MXSM/MXSC」の発売を発表した。

プレスリリース文

新製品「120MXSM」はAPS-Hサイズのモノクロ対応CMOSセンサーで、フルHDの約60倍にあたる解像度を実現。多数の画素から信号を高速で読み出す並列信号処理技術により、最高速度11.3Gbpsで1秒間に最高約9.4コマのスピードで出力できる高速読み出しが可能。大型有機ELパネルや8Kパネルなど、次世代の超高精細パネル検査での活用を見込む。

「120MXSC」はカラー対応のCMOSセンサーでパネル検査用途以外の映像制作やデジタルアーカイブ、特殊監視などの用途でも活用することが可能。 キヤノンは7月下旬より「120MXSM/MXSC」の量産を開始する予定。

キヤノン株式会社


10744_CDNLive_Japan_Banner_600x120.jpg

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/07/11 )

 

ページの先頭へ