NEWS

 
メンターグラフィックス
 

ルネサスがISSCCで発表した車載マイコン向けモータ制御専用回路「IMTS」の開発

2017年2月7日、ルネサス エレクトロニクスは、車載マイコン向けのモータ制御専用回路「IMTS」の開発を発表した。

プレスリリース文

ルネサスが開発した「IMTS (Intelligent Motor Timer System)」は、EV向け車載マイコンに搭載する専用回路でEVモータ制御の必須処理であるフィールド指向制御演算を高速に処理する事が可能。ルネサスによるとその処理速度は0.8μsでソフトウェアによる処理時間の1/10以下で同社の調べでは世界最速との事。この性能は次世代EVモータ制御で求められる高速スイッチングにも余裕をもって対応できるという。

EV,HEV,PHVなどモータ駆動車のエネルギー効率の向上には、モータ制御ECUの機能向上、性能向上も重要であり、今回ルネサスはマイコンにおけるモータ制御の中で高い応答性能が求められる固定的な処理をCPUから独立した自律可能な専用回路「IMTS」としてハード化。これによりCPUの負荷は大きく軽減され、エネルギー効率の向上に貢献する別のモータ制御アルゴリズムに割り当てることが可能となるという話だ。

renesas_1sscc2017_01.jpg
renesas_1sscc2017_02.jpg
※画像はルネサスWeb上の公開データ


なお、ルネサスは上記専用回路の開発と合わせて、独自の機能安全技術をマイコンに採用。具体的にはマイコンに搭載するCPUコアを二重化する「ロックステップデュアルコアシステム」によってIMTS回路内部を定期的に監視する形とした。この手法はマイコンやマイコンの内部回路を二重化するよりも低コストでCPUへの負荷も少なく機能安全を担保できるという。

ルネサスは開発したこれら一連の技術について、先ごろサンフランシスコで開催されたISSCC 2017で発表した。

ルネサス エレクトロニクス株式会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2017/02/16 ) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eda-express.com/mt/mt-tb.cgi/3876

 

ページの先頭へ