NEWS

 
メンターグラフィックス
 

機械学習ソフトの開発を1年短縮、SynopsysのエミュレータZeBuの成功事例

2017年4月26日、Synopsysは同社のエミュレータ「ZeBu」の顧客成功事例を発表した。

プレスリリース文

今回Synopsysが発表したのは、米Wave Computing社によるエミュレータ「ZeBu® Server-3」の成功事例。Wave Computingは独自のデータフロー・アーキテクチャによる機械学習の高速化ソリューションを手掛ける企業で、同社のデータフロー・プロセッシング・ユニット(DPU)アーキテクチャ向けソフトウェアの早期開発に「ZeBu® Server-3」を活用し、開発期間を1年短縮する事に成功した。
zebu-server-01.jpg

Wave Computingが「ZeBu® Server-3」を選択した決め手はその処理速度で、同社曰く「ZeBu® Server-3」は他社のエミュレーション・システムと比べて4倍の高速処理を実現。

Wave ComputingのDPU搭載SoCは、16nm設計で動作性能6.7GHz、60億トランジスタ、HMCメモリーへの高速アクセスを行うという先端チップで、同チップの検証環境に「ZeBu® Server-3」を組込み量産チップのテープアウトを待たずして、Linux上で動かすソフトウェア・スタック全体の開発とデバッグを実行したという。

日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2017/05/16 ) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eda-express.com/mt/mt-tb.cgi/3901

 

ページの先頭へ