NEWS

 
メンターグラフィックス
 

RISC-Vベースのプロセッサ・コアを手掛けるSiFiveが資金調達第二ラウンドで850万ドルを調達

2017年5月8日、オープンソースの命令セットRISC-Vをベーストしたプロセッサ・コアを手掛ける米SiFiveは、資金調達第二ラウンドで投資家から850万ドルを調達した事を発表した。

プレスリリース文

発表によると今回SiFiveの資金調達をリードしたのは、Sutter Hill Ventures、Osage University Partners、Spark Capitalの3社で、SiFiveの累計調達額は1350万ドルとなった。

SiFiveはRISC-Vの発明者らが2015年に設立したファブレス半導体ベンダで、RISC-VベースのSoCおよびIPコアを提供している。2016年11月に業界初のRISC-VベースのSoCの出荷を開始し、今月始めには「Coreplex IP」と呼ぶIPコアをリリースしている。このIPコアは、NDA契約不要ですぐに入手・評価可能で、コアの使用にあたりロイヤリティは発生しない。

現在「Coreplex IP」としては、「E31」および「E51」と呼ばれる二種類のコアが提供されており、「E31」はARMのCortex-M3,M4、「E51」はARMのCortex-A53に対抗できる製品とされている。

SiFive

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2017/05/22 ) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eda-express.com/mt/mt-tb.cgi/3906

 

ページの先頭へ