NEWS

 
メンターグラフィックス
 

Synopsysがハイエンド組込みプロセッサ「ARC HS」の開発キットを提供開始

2018年1月29日、Synopsysは、ハイエンド組込みプロセッサ「ARC HS」の開発キットの提供開始を発表した。

プレスリリース文

Synopsysによると今回発表した開発キット「ARC HS Development Kit」は、ARC HS34,ARC HS36,ARC HS38をベースとしたシステムをターゲットとしたもので、ARC HSプロセッサを搭載したボードとソフトウェアが提供される。

ボードにはTSMC 28 HPMプロセスで実装したマルチコアARC HSベースのチップが搭載されており、ARC HS34プロセッサはシングルもしくはデュアル・コア構成で、ARC HS36/HS38プロセッサはシングル/デュアル/クワッド・コア構成でコンフィギュレーション可能。以下のような豊富なペリフェラルが用意されている。

・Ethernet、USB、SDIO、I2C、SPI、UART、GPIO
・Vivante GC7000 Nano Ultra GPU
・WiFi,Bluetoothモジュール
・4GB DDRメモリ

各種ドライバ、FreeRTOSなど開発キット用のソフトウェアは、全てオープンソースでSynopsysの「embARCウェブサイト」で入手可能。「ARC HS Development Kit」はLinuxカーネル、Yocto、Buildrootシステムもサポートしている。

また「ARC HS Development Kit」は、SynopsysのFPGAベース・プロトタイピング・システム「HAPS」と容易に接続することが可能なほか、Digilent Pmod、Arduino、mikroBUSなど各種ボードモジュールを接続して拡張することもできる。

「ARC HS Development Kit」は既に入手可能で、ARC HS3xプロセッサ・ベース・システムのソフトウェア開発に利用できる。

日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/02/08 )

 

ページの先頭へ