NEWS

 
メンターグラフィックス
 

Synopsysの配置配線ツールとAnsysのパワー解析ツールのフュージョンが実現

2018年3月19日、SynopsysはAnsysとのコラボレーションによる新製品「RedHawk Analysis Fusion」の提供開始を発表した。

プレスリリース文

今回発表された新製品「RedHawk Analysis Fusion」は、Synopsysの配置配線ツール「IC Compiler II」にAnsysのパワー解析ツール「RedHawk」の機能を融合するもので、Synopsysが自社の「IC Compiler II」ユーザーに向けて提供するもの。SynopsysはAnsysのパワーインテグリティ/信頼性解析技術についてAnsysと独占提携しており、「RedHawk Analysis Fusion」は両社のパートナーシップによる最初の製品となる。

「RedHawk Analysis Fusion」を利用する事で「IC Compiler II」ユーザーは以下のような作業が可能となる。

・IC Compiler IIを使いながら設計フローの要所要所でRedHawkのスタティック/ダイナミック・パワー解析を実行
・IC Compiler IIを使いながら設計早期段階でRedHawkのパワーグリッド・インテグリティ・チェックを実行

 ※いずれの作業も「IC Compiler II」のコックピット上で実行可能

Synopsysは「IC Compiler II」と「RedHawk」を融合したこれら作業により、ECOの発生数と期間を削減する事が可能で、開発期間を最大1/5に短縮できるとしている。

「RedHawk Analysis Fusion」は、既に先行ユーザーが複数存在しているようで、先頃シリコンバレーで開催されたSynopsysのユーザー・イベントにて東芝デバイス&ストレージ社が「RedHawk Analysis Fusion」の活用事例を発表したようだ。

日本シノプシス合同会社

アンシス・ジャパン株式会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/03/23 )

 

ページの先頭へ