NEWS

 
メンターグラフィックス
 

低消費電力のIoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE™」を発売

2018年5月14日、ソニーは、IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」(スプレッセンス)を7月31日に発売することを発表した。

プレスリリース文

発売するのはメインボード(5500円)と拡張ボード(3500円)の2点で、メインボードにはARM® Cortex®-M4F 6コア構成のスマートセンシングプロセッサが搭載されており、GNSS受信機やハイレゾ音源対応のオーディオコーデック等が内蔵されている。このプロセッサはFD-SOIを採用しており、動作電圧を下げることで低消費電力を実現している。拡張ボードにはヘッドホン端子、マイク端子、SDカードスロットが備えられている。

「SPRESENSE」のソフトウェア開発環境は、「Arduino IDE」、「Eclipse IDE」等に対応。「Sony Developer World」SPRESENSE専用ページにてソフトウェアならびにハードウェアの技術情報を入手できる。

sen-img-01.jpg

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社


= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/05/14 )

 

ページの先頭へ