NEWS

 
メンターグラフィックス
 

ルネサスRH850用モデルベース開発環境がマルチレート制御システムの開発に対応

2018年6月14日、ルネサス エレクトロニクスは、車載制御用マイコンのモデルベース開発環境「Embedded Target for RH850 Multicore」のアップデートを発表した。

プレスリリース文

発表によると今回のアップデートにより「Embedded Target for RH850 Multicore」を用いて複数の制御周期(マルチレート)を持つシステムの開発が可能になった。エンジン制御やボディ制御などの車載システムではマルチレート制御が一般的。これまではマルチレート制御を含む複雑なシステムは実機に実装して検証する必要があったが、今回のマルチレート制御対応によりマルチレート制御モデルからマルチコア用のソフトウェアコードを直接生成可能になり、その実行性能をシミュレーションで検証できるようになった。ルネサスは、実行性能を開発の初期段階で見積ることができるだけでなく、検証結果に基づいたモデルへのフィードバックも容易になるとしている。

RH850ML.jpg

モデルベース開発環境「Embedded Target for RH850 Multicore」の最新版は、2018年秋から提供開始の予定。

ルネサス エレクトロニクス株式会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/06/16 )

 

ページの先頭へ