NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
 

Synopsysがスタティック・タイミング解析ツール「PrimeTime」にAI技術を搭載

2018年6月5日、SynopsysはAI技術を組み込んだデジタル・デザイン向けソリューションについて発表した。

プレスリリース文

発表によるとSynopsysは業界標準のサインオフツールであるスタティック・タイミング解析ツール「PrimeTime」にAI技術を搭載。デザイン・インプリメンテーション工程におけるパワー・リカバリーの大幅な効率化を実現した。その技術に関する詳細は明らかにされていないが、パワー・リカバリーに関する学習結果をパワー・リカバリーのECOに応用するもののようだ。

この取り組みはパートナー企業との協業の一環として行われたもので、その背景には設計自動化におけるAI投資の拡大というSynopsysの戦略がある。

発表に寄せられたルネサスエレクトロニクス岡部秀之氏(ブロードベースドソリューション事業本部 共通技術開発第二統括部 デジタル設計技術部 部長)のコメントによると、AIを組み込んだ「PrimeTime」を大規模SoCで試したところ、タイミングとパワーの最適化品質を落とすことなく、パワー・リカバリーのECOを4倍以上の速さで実現。数日を要していたECOを数時間で完了できたとの事。Synopsys自身も顧客企業の最先端プロセス・デザインでパワー・リカバリーの5倍高速化を達成したとしている。

なお、ルネサスによるAIを組み込んだ「PrimeTime」の活用事例については、今月6月13日に開催されるSynopsysのセミナーイベント「SNUG Japan 2018」の下記セッションにてその詳細が紹介されるようだ。

PrimeTime SIG ?車載/AIチップといった大規模SoCにも!マシン・ラーニングで加速するECO

SNUG Japan 2018
日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/06/06 )

 

ページの先頭へ