NEWS

 
メンターグラフィックス
 

富士通がHot Chipsで発表した「京」の後継機に搭載するCPUの詳細

2018年8月22日、CNET Japanの記事:

富士通のスパコン、ポスト「京」のCPU仕様とは?

スパコン「京」の後継機に搭載される富士通製のCPU「A64FX」は、Armv8-A命令セットアーキテクチャをスーパーコンピュータ向けに拡張する「SVE(Scalable Vector Extension)」を世界で初めて採用したCPUで、CPUとCPUの間は独自のTofuインターコネクトで直結する。メモリバンド幅性能を引き出すハードウェア技術も組み合わされる事で、64ビット浮動小数点演算のピーク性能は、2.7TFLOPS以上に達する。

富士通と理研は2021年頃の実用化を目指して「京」の後継機を開発している。

CNET Japan


DSF2018_w600h120.jpg

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/08/23 )

 

ページの先頭へ