NEWS

 
メンターグラフィックス
 

MIPSを買収したAIチップベンチャーWave Computingが7nm ASICの設計でBroadcomと提携

2018年8月1日、AIチップを手掛けるシリコンバレーのベンチャーWave Computingは、Broadcomとの戦略的提携を発表した。

プレスリリース文

発表によるとWave ComputingとBroadcomの両社は、Waveの次世代データフロー処理ユニット「DPU」を市場投入するために協力。Waveは「DPU」をTSMC 7nmプロセスで製品化する計画でその設計をBroadcomが支援する。Broadcomは既にhigh speed SerDesやHBM PHYなどシリコン実証済のTSMC 7nm向けIP群をリリースしており、同社の実績に裏付けされた設計ノウハウをWaveが活用する格好だ。

Wave Computingの「DPU」は独自のデータフロー技術を用いたAIチップで学習/推論の双方に対応。1チップにプロセッシング・エレメントを16,000個搭載する単一の巨大なプロセッサアレイの構造をとる。

Wave Computingは資金調達額から見ると世の中のAIチップベンチャーのトップランナーの1社と言える存在で、今年6月にMIPS Technologiesの買収を発表し業界を驚かせている。

Wave Computing


DSF2018_w600h120.jpg

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/08/02 )

 

ページの先頭へ