NEWS

 
メンターグラフィックス
 

韓国SK TelecomがAIアクセラレータとしてXilinxのFPGAを採用-GPU比16倍の電力効率を実現

2018年8月15日、韓国最大の通信キャリアSK Telecomは自社データセンターにXilinxのFPGAを採用した事をXilinxと共同で発表した。

プレスリリース

発表によるとSK Telecomは、AIアクセラレータとしてXilinxのFPGA「Kintex UltraScale KCU1500」を採用。自動音声認識アプリケーションの実行にFPGAを利用することにより、GPUでの処理と比較して最大5倍のパフォーマンスを達成。1ワットあたりのパフォーマンスは16倍向上した。

FPGAの配備は、既存のCPUサーバーの空きスロットにFPGAアドインカードを挿入する形で実施。1枚のFPGAカードでサーバの性能が最大5倍になり、大幅なコスト削減を実現したという。

SK Telecom
ザイリンクス株式会社


DSF2018_w600h120.jpg

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/08/17 )

 

ページの先頭へ