NEWS

 
メンターグラフィックス
 

ルネサスがエッジでのAI/画像処理向けにDRPで性能を高めた新型MPU「RZ/A2M」を発売

2018年10月4日、ルネサス エレクトロニクスは、新型のMPU「RZ/A2M」の発売を発表した。

プレスリリース

「RZ/A2M」はエッジでの画像処理やAI推論処理をターゲットとしたマイクロプロセッサで、ルネサス独自のDRP(Dynamically Reconfigurable Processor)を搭載することにより、画像のリアルタイム処理を低消費電力で実現することが可能。画像処理性能は既存製品「RZ/A1」の10倍を誇る。

ルネサスのDRPは回路構成を動的に変更できるプログラマブルなハードウェアで、「RZ/A2M」のオプションとして入力画像の高速処理用に用意される。「RZ/A2M」には、4MBのRAMが搭載されており、MIPI CSI-2 インタフェース、イーサネットコントローラ×2チャンネル、暗号ハードウェアアクセラレータなども備えている。

block-rza2m-.gif
※画像はルネサスWeb上のデータ


ルネサスは「RZ/A2M」のサンプル出荷を開始しており、2019年Q1から量産開始の予定。

ルネサスエレクトロニクス株式会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/10/05 )

 

ページの先頭へ