NEWS

 
メンターグラフィックス
 

ルネサスがCoreMark/MHz値最大5.8の新型32ビットCPUコア「RXv3」を発表

2018年10月25日、ルネサス エレクトロニクスは、3世代目の新型RX CPUコア「RXv3」を発表した。

プレスリリース

新しい「RXv3」コアは、既存の「RXv2」および「RXv1」コアと共通の命令セットを採用したバイナリ互換の32ビットCISCコアで、既存のRXファミリ開発環境で開発が可能。「RXv2」、「RXv1」ベースのアプリケーションを「RXv3」ベースのマイコンに移植できる。

性能面では機能強化された5段スーパースカラ・アーキテクチャにより、CoreMark/MHz値が最大5.8まで引き上げられたほか、オプション機能として用意されるレジスタ一括退避機能により割り込み応答性能の向上が可能に。また新たに倍精度浮動小数点ユニット(DP-FPU)が採用された。「RXv3」コアは電力効率も高められており、RXv3コアベースのマイコン新RX600シリーズは、CoreMark/mA値44.8を達成するとしている。

ルネサスによると、新型CPUコア「RXv3」は新たなRXマイコンに搭載して、2018年第4四半期末までにサンプル出荷を開始する予定。

ルネサス エレクトロニクス株式会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/10/26 )

 

ページの先頭へ