NEWS

 
メンターグラフィックス
 

ルネサスがISO 26262への準拠確認を容易に行える安全分析ツールを発売

2018年11月8日、ルネサス エレクトロニクスは、自動車の機能安全規格「ISO 26262」への準拠確認を容易に行うための安全分析ツール「CAR(Customizable Analysis Report)ツール」の発売を発表した。

プレスリリース

発表によると「CARツール」はGUIベースのソフトウェアで、ルネサス製のマイコンやSoCを適用したシステムの安全分析(ISO 26262への適合を定量的に分析)を行い、その結果をレポート出力することが可能。安全分析はユーザーのシステム設計情報とルネサス製デバイスのライブラリを読み込んで行われ、以下3つの評価値を自動的に算出し、ISO 26262で定義される基準値に対して達成可能かどうかをひと目で確認することができる。なお、分析にあたっては、システムのユースケースに応じた各種安全関連パラメータのカスタマイズが可能となっている。

・SPFM (Single Point Fault Metric: シングルポイント故障対処の有効性評価値)
・LFM (Latent Fault Metric: レイテント故障対処の有効性評価値)
・PMHF (Probabilistic Metric for Random Hardware Failure: 偶発的なハードウェア故障による安全目標侵害確率)および、各安全目標侵害要因の発生確率

スクリーンショット 2018-11-09 7.21.13.png

ルネサスは「CARツール」を顧客に提供することにより、セーフティクリティカルなシステムにおけるルネサス製品の適用促進を狙う。

ルネサス エレクトロニクス株式会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/11/09 )

 

ページの先頭へ