NEWS

 
メンターグラフィックス
CDNLive Japan 2019
 

産総研と東京大学が共同で「AIチップ設計拠点」を設置、中小ベンチャー向けに設計環境を提供

2018年12月27日、産総研のAI chip Design Laboratory(以下、産総研AIDL)と東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター(以下、VDEC)は、AIチップ開発の加速を目的とした「AIチップ設計拠点」を東京大学本郷キャンパス内に設置したことを発表した。

プレスリリース

産総研AIDLと東大VDECが作った「AIチップ設計拠点」は、経産省およびNEDOの助成事業として実現されたもので、AIチップ開発に必要なEDAツール、エミュレーターなどを整備。設計フローやリファレンスデザインなども含めて中小・ベンチャー企業に環境を提供する。また「AIチップ設計拠点」では、蓄積される設計資産やノウハウも提供すると同時にAIチップ設計者の人材育成も行うという。

「AIチップ設計拠点」は、下記の3通りの形態で構築した設計環境を提供する計画で、高位合成ツールから論理合成、配置配線、物理検証など一連のEDAツール環境と合わせてCadenceのエミュレーター「Palladium Z1」も利用できる。

 ・ライセンスサーバー
 ・プライベートクラウド
 ・地域サテライト拠点内のブース

スクリーンショット 2018-12-28 6.17.04.png
スクリーンショット 2018-12-28 6.17.23.png
※画像は産総研発表資料のデータ

「AIチップ設計拠点」の予約ウェブサイト(URL: http://www.ai-chip-design-lab.org)は平成31年3月頃のオープン予定。4月以降に利用可能となる。

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/12/28 )

 

ページの先頭へ