NEWS

 
メンターグラフィックス
 

Amazonのサーバー向けカスタム・プロセッサ「Graviton」はArm 16nm Cosmosベースでコストを45%削減

2018年11月27日、Armはサーバー向けプロセッサにおけるAmazonとの協業について発表した。

プレスリリース

発表によるとAWSが同社のグラウドビジネス向けに開発したArmベースのサーバーチップ「Graviton Processor」は、Armが先頃発表した新ブランド「Neoverse」のCosmos PlatformをベースにAmazonが2015年に買収した「Annapurna Labs社」のチームが開発した。「Neoverse」はサーバーなどをターゲットとするCPUプラットフォームで、CosmosはCortex-A72/Cortex-A75をベースとした16nmのプラットフォームである。

AWSは「Graviton Processor」ベースのサーバーを既に運用しており、AWSユーザー向けに同サーバーを利用できるEC2 A1インスタンスを新たに用意した。A1インスタンスを利用することでAWSの利用コストは最大45%削減できるということで、それは「Graviton Processor」のチップコストの低さと消費電力の少なさを意味している。

Armによると「Graviton Processor」を含め、今年のArmベースのサーバーの出荷数は100万台を超える見通しだという。

Arm

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/12/01 )

 

ページの先頭へ