NEWS

 
メンターグラフィックス
 

Wave ComputingがMIPSのオープンソース化を発表、命令セットアーキテクチャを完全無償で提供

2018年12月17日、AIチップを手掛けるシリコンバレーのベンチャーWave Computingは、MIPSのオープンソース化を発表した。

プレスリリース

発表によるとWave Computingは、今年6月のMIPS事業の買収で取得した32ビットおよび64ビットのMIPS命令セットアーキテクチャをオープンソース化。「MIPS Open program」を通じて同プログラムの参加者に対し、MIPS命令セットアーキテクチャの最新バージョンのアクセス権を完全無償(ライセンス料およびロイヤリティ料なし)で提供する。

Wave Computingは、MIPSのオープンソース化に伴い新しく「MIPS Open Initiative」 を立ち上げ、業界OEMやパートナー、大学など学術界を巻き込む形でMIPS互換ソリューションの互換性保証などを行い、MIPSベース・ソリューションの普及を促す計画。オープンソースの命令セットアーキテクチャとしては、RISC-Vが昨年から今年にかけてブームを巻き起こしているが、Wave Computingは、既に85億個以上を数える商用チップ化の実績や多数の特許で保護されたRISCアーキテクチャである点をMIPSの強みとして強調している。

なお、新しく公開されるMIPSアーキテクチャ、「MIPS Open program」への参加方法、「MIPS Open Initiative」の詳細については2019年第一四半期に発表される予定。

Wave Computing

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2018/12/18 )

 

ページの先頭へ