NEWS

 
メンターグラフィックス
 

中国のAIチップベンチャー Horizon RoboticsがSK Hynixほか自動車セクターから新たに計6億ドル調達

2019年2月27日、中国のAIチップベンチャーHorizon Roboticsは、資金調達Bラウンドで6億ドルの資金調達に成功したことを発表した。

プレスリリース

発表によると今回の投資ラウンドを主導したのはSK Hynixと主要な自動車セクターのグループで、既存の投資家もこれに加わった。今回の投資に参加したかどうかは不明だが、Horizon Roboticsのパートナーには、AUDI、BOSCH、BYD、SAIC Motorなど自動車関連の主要企業が名を連ねている。ちなみにHorizon Roboticsは2017年に資金調達Aラウンドで1億ドルを調達しているが、この時はIntel Chinaがラウンドを主導した。

Horizon Roboticsはエッジ向けのAIプロセッサを手掛けるベンチャーでチップと合わせてコンピューティング・プラットフォームも開発している。同社が狙うのは自動運転とIoTで、すでに自動運転向けの「Journey」、IoT向けの「Sunrise」、2種類のAIプロセッサを製品化しており、それらプロセッサとハードウェア、ソフトウェアを組み合わせた自動運転向けのプラットフォーム「Matrix」とエッジAIコンピューティング向けのプラットフォーム「XForce」も提供している。「Matrix」はCES 2019 Inovation Awardを受賞しており、すでに自動車分野の主要企業に供給されているほか、「Sunrise」はXiaomiの「Mi AI Speaker」で採用されるなど既にビジネスの実績がある。

Horizon Roboticsは今回調達した資金を研究開発および製品開発に充て、来年には新世代のプロセッサをリリースする計画。

Horizon Robotics

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/03/04 )

 

ページの先頭へ