NEWS

 
メンターグラフィックス
Design Solution Forum 2019
 

Wave ComputingがMIPSオープン化の第一弾、MIPS ISA最新バージョンR6ほか各種コンポーネントを無償公開

2019年3月28日、Wave Computingは32ビットおよび64ビットのMIPS命令セットアーキテクチャ(ISA)の最新バージョンR6の無償公開を発表した。

プレスリリース

MIPS ISAの最新バージョンR6は、https://www.mipsopen.com/ よりダウンロード可能。「MIPS Open program」に登録すれば、ライセンス料やロイヤリティを支払う事なく無償でMIPS ISAバージョンR6にフルアクセスできる。またWave Computingは、MIPS ISAと合わせてMIPSオープン・コンポーネントとして以下も無償公開している。

・MIPS ISA:MIPS 32ビットおよび64ビットアーキテクチャの最新バージョンR6
 仮想化、マルチスレッド、SIMD、DSP、microMIPSコード圧縮などの拡張機能が含まれる

・MIPS Open Tools:MIPSベースシステムの統合開発環境

・MIPS Open FPGA:FPGAを用いたMIPSの学習・評価用パッケージ
 ハンズオン・トレーニングやチュートリアル、MIPS microAptiv coreの非商用Verilog-RTLコードなどが含まれる ※MIPS Open FPGAはIntel(Altera)およびXilinxのボードに対応

MIPSオープン・コンポーネントは今後も機能追加や機能強化が計画されており、MIPS microAptivコア向けの商用RTLコードもリリースされる予定。
Wave Computingは、MIPS Openプログラムのイベント「MIPS Open Developer Days」を開催する予定だという。

MIPS Openプログラムに関する詳細は、https://www.mipsopen.com/ を参照

Wave Computing

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/03/29 )

 

ページの先頭へ