NEWS

 
メンターグラフィックス
CDNLive Japan 2019
 

台湾Faradayが量産向けのRISC-VベースASICプラットフォームを提供

2019年4月9日、ASICデザインサービスを手掛ける台湾のファブレス半導体ベンダFaraday Technologyは、RISC-VベースのASICプラットフォームを発表した。

プレスリリース

Faraday_Technology_logo_20080804.jpg
発表によるとFaradayの提供するRISC-VベースのASICプラットフォームは、RISC-VベースのSoC開発を行う顧客向けのソリューションで、RISC-VコアIPの実装やSoCデザインの検証などのサービスに加え、RTOSやデバイスドライバで構成されるリファレンス・デザイン・キットも提供する。Faradayによると、同社は既に同プラットフォームを採用したRISC-VベースのAI向けおよびIoT向けSoCの量産を実現。IoT向けのSoCにおいてはバッテリー駆動の性能を高めることが出来たとしている。

いち早くデザインサービスとしてオープンソースの命令セット・アーキテクチャ「RISC-V」に対応したFaradayは、AI、IoT/AIoT、ネットワーキング等の多様なアプリケーションで、RISC-VベースASIC設計の商機が多くあると考えているようだ。

Faraday Technology

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/04/10 )

 

ページの先頭へ