NEWS

 
メンターグラフィックス
CDNLive Japan 2019
 

Samsungは2020年にDRAM製造を16nmプロセスに移行

2019年4月9日、DigiTimesの記事:

Samsung to scale up 16nm DRAM output in 2020, says Digitimes Research

Digitimes Researchによると、Samsung Electronicsはサーバー向けDRAMチップの製造を2020年から新しい16nmプロセスへ移行する。

Samsungは世界のサーバー向けDRAM市場シェアの50%以上を保持。2018年半ばから18nmプロセス技術を使用した8Gbサーバー向けDRAMチップの量産を開始しており、2020年には16nmの16Gbチップへと出荷を拡大する予定。

Digitimes Researchによると、サーバーおよびデータセンターのアプリケーションは、2023年までにDRAMチップメーカーの最大のターゲット市場として、PCやモバイル機器に取って代わるようになるという。

Digitimes

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/04/10 )

 

ページの先頭へ