NEWS

 
メンターグラフィックス
 

SiFiveがRISC-VベースのAI向け7nm SoCプラットフォームをテープアウト

2019年4月11日、オープンソースのISA「RISC-V」ベースのプロセッサIPを手掛ける米SiFiveは、7nm対応のSoCプラットフォームのテープアウトを発表した。

プレスリリース

「Freedom Revolution AI SoC Platform」と呼ばれるSiFiveの7nm向けSoCプラットフォームは、既存の16nmプラットフォームのアップグレード版で、vector extensionを備えた同社の64bitRISC-Vコア「U7」および「S7」をベースとした高性能プロセッサを核に下記の各種コンポーネントで構成される。

 ・キャッシュコヒーレント・ファブリック「TileLink」
 ・3.2Gb/s HBM2 controller&PHY
 ・2GHz TCAM(Ternary Content-Addressable Memory)IP ※パートナー製
 ・LVDSインタフェース
 ・PCIe5 SerDes, 56/112G SerDes
 ・セキュリティIP ※パートナー製

今回SiFiveがテープアウトを発表したカスタマイズ可能な7nm SoCプラットフォームは、AI、ネットワーキング、およびその他の高性能アプリケーションを主なターゲットとしているという。

SiFive_7nmfreedom.png

※画像は現行の16nm向けの「Freedom Revolution Platform」のブロック図

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/04/19 )

 

ページの先頭へ