NEWS

 
メンターグラフィックス
cadence
 

Cadenceのニューラルネットワーク向けDSPがPFNのChainerモデルに対応

2019年5月7日、Cadenceは、同社の「Tensilica Vision DSP」がPreferred NetworksのChainerモデルをサポートした事を発表した。

プレスリリース

chainer_white_s.png
発表によると、ニューラルネットワークのアクセラレータとして利用されているCadenceの「Tensilica Vision DSP Q6、P6、C5」が、Preferred Networksのディープラーニング・フレームワーク「Chainer」で実装された学習済みニューラルネットワーク・モデルをサポート。Cadenceの用意するDSP向けの環境「Tensilica Neural Network Compiler」を用いてChainerモデルをCコードに変換しDSP上で動作させることが可能となった。CadenceによるとChainerモデルのポーティングは自動化されており、モデルの変換などの手作業は不要だという。

エッジでの推論をターゲットとするニューラルネットワークのアクセラレータIPは、各IPベンダから様々な製品がリリースされているが、ディープラーニング・フレームワークとしては、Googleの「TensorFlow」、UC Berkeleyの「Caffe/Caffe2」等のサポートが一般的で、「Chainer」のサポートは珍しい。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/05/09 )

 

ページの先頭へ