NEWS

 
メンターグラフィックス
CDNLive Japan 2019
 

Synopsysが従来手法よりも1000倍高速なSoCパワー解析を実行する「ZeBu Power Analyzer」を発表

2019年5月23日、Synopsysは、新しいパワー解析ソリューション「ZeBu Power Analyzer」を発表した。

プレスリリース

発表によると「ZeBu Power Analyzer」は、FPGAベースのエミュレーション・システム「ZeBu Server 4」に新しいマルチスレッドの電力解析エンジンを組み合わせたソリューションで、数十億サイクルにも及ぶ複雑なソフトウェアを実行した際のSoCの電力消費をシステマティックに解析することが可能。Synopsysは、設計者が想定したシナリオではなく実際のソフトウェアを用いた高精度なパワー解析により、電力を大量消費する箇所を見逃すリスクを大幅に削減できるとする。

また、「ZeBu Server 4」を用いる事でパワー解析を大幅に高速化。従来のシミュレーションベースの手法で数か月かかるパワー解析をわずか数時間で実行でき、従来シミュレーションベース手法と比較すると1000倍高速なパワー解析が可能。パワーサインオフ・ツール「PrimePower」とのシームレスな連携により、サインオフ検証へと繋げることができるという。

なお「ZeBu Power Analyzer」は既に出荷中で、主要なZeBuユーザーの多くが活用しているとの話。発表にはMediaTekが「ZeBu Power Analyzer」のユーザーとしてコメントしている。

日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/05/29 )

 

ページの先頭へ