NEWS

 
メンターグラフィックス
 

TOPPERSの組込みソフトウェアプラットフォームがRISC-Vに対応

2019年5月9日、TOPPERSプロジェクトは、組込みソフトウェアプラットフォーム「TOPPERS BASE PLATFORM」がRISC-Vに対応した事を発表した。

プレスリリース

発表によるとTOPPERSプロジェクトは、米SiFive社のRISC-Vプロセッサ搭載ボード「HiFive1」ボードにTOPPERS/ASPカーネル(Release 1.9.3)をポーティングするとともに、それを核とした組込みソフトウェアプラットフォーム「TOPPERS BASE PLATFORM(RV)V0.1.0」 を開発した。

Toppers_riscv.png
TOPPERS BASE PLATFORM(RV)V0.1.0の構成(発表資料掲載図)

TOPPERS/ASPカーネルをポーティングしたのは、「HiFive1」上のSoC「FE310-G000」に搭載されるSiFive製の32ビット RISC-Vベース・プロセッサ「RV32IMAC」で、同TOPPERS/ASPカーネルはオープンソース・ソフトとして一般公開される。「TOPPERS BASE PLATFORM」は、STマイクロエレクトロニクスのSTM32マイコン搭載ボードと、IntelのCyclone V SoCを搭載したボードをターゲットとした2種類のプラットフォームが既にリリースされており、今回開発された「TOPPERS BASE PLATFORM(RV)V0.1.0」 は、TOPPERSプロジェクトの会員向けに配布が開始されている。同プラットフォームを利用することで、Arduino互換の「HiFive1」ボード上で動くTOPPERSベースの組込みアプリケーションを簡単に開発することができるようになる。

TOPPERSプロジェクト

SiFive

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/05/13 )

 

ページの先頭へ