NEWS

 
メンターグラフィックス
Design Solution Forum 2019
 

Wave ComputingがMIPS32 microAptiv Core 2品種のVerilogコードを無償公開

2019年5月13日、Wave Computingは、「MIPS Open program」にMIPS32 microAptiv Core 2品種を追加したことを発表した。

プレスリリース

今回「MIPS Open program」に追加された「MIPS32 microAptiv™」コアは、MIPSコアの中で最も小型で低電力なCPUの1つで、マイクロコントローラや自動車、IoT、ホームネットワーキング機器などのエントリーレベルの組み込みアプリケーション向け。

今回下記の2品種のコアが公開され、Verilog-RTLコード、コンフィギュレーション・ツール、検証スイート、ドキュメントが無償でダウンロード可能となった。

 ・microAptiv MCU core
  アプリケーション固有の機能とリアルタイム性能を重視して開発されたMCU向けコア
 ・microAptiv MPU core
  キャッシュ・コントローラとMMUを含む、LinuxなどのOSを実行する組み込みシステム向けコア

microAptiv-UC-Core.jpg
microAptiv MCU coreのブロック図

microAptiv-Block-Diagrams_v3.jpg
microAptiv MPU coreのブロック図

公開されたRTLコードはライセンス料やロイヤリティ無しで商用利用可能。
ダウンロードにあたっては、「MIPS Open program」のメンバー登録が必要となる。

Wave Computing

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/05/24 )

 

ページの先頭へ