NEWS

 
メンターグラフィックス
Design Solution Forum 2019
 

Imagination Technologiesが独自の検証プラットフォーム「IMG Edge」を用いた検証サービスを開始

DSF2019.gifのサムネール画像

2019年9月5日、Imagination Technologiesは、「IMG Edge」と呼ぶ設計・検証向けのサービス・プラットフォームを発表した。

プレスリリース

Imagination Technologiesによると「IMG Edge」は、SoCの開発コストを費用的にも時間的にも削減することを目的に用意された設計・検証サービス向けのプラットフォームで、Imagination Technologiesのデータセンターやツール、メソドロジ、仮想プラットフォーム、ハードウェア・アクセラレーターへのアクセスと合わせてSoC開発に関するImagination Technologiesの専門知識を提供。Imagination Technologiesは「IMG Edge」を自ら「game-changing」ソリューションと語っており、同サービス・プラットフォームを活用することでSoCを開発する顧客は、場合により開発コストを1,000万ドル以上、プロジェクト期間を月単位で削減できるとしている。

「IMG Edge」は様々な分野のSoC開発に対応できるジェネリックなソリューションで、その中身は自動車、コンスーマー、インダストリアル、モバイル、セキュリティなど、主要市場の個々の要件を満たすように完全にパーソナライズされているとのこと。Imagination Technologiesの用意するプラットフォーム、ノウハウ(コンサルティング)、独自に培われたメソドロジが「IMG Edge」を構成する柱となるが、Imagination Technologiesは主要なメソドロジの一例として、データパスヘビーなデザインで複雑な制御ロジックと演算を迅速に検証する方法を紹介。同メソドロジを用いることで完全なデータ一貫性を証明しながら複雑な64ビットALUを処理することが可能で、他の手法では収束できない検証もわずかな時間で収束できるという。(下図参照)

 2019-09-11 9.31.48.png

Imagination Technologiesは今後「IMG Edge」を利用した検証サービスを新たなビジネスとして展開していく予定。

Imagination Technologies

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/09/11 )

 

ページの先頭へ