NEWS

 
メンターグラフィックス
 

RISC-V適用プロジェクトを全方位でサポートするDTSインサイト

2019年9月25日、組込みソフトウェア開発に関する各種ソリューションを提供するDTSインサイトは、RISC-VベースのIPコアを手がける米SiFive社との代理店契約を発表した。(関連ニュース:RISC-VベースIP大手の米SiFiveが組込みソフト開発のDTSインサイトと代理店契約

SiFiveは、オープンソースの命令セットアーキテクチャ「RISC-V」をベースに、IPおよびSoCデザインサービスを手掛けるベンチャーで、RISC-Vエコシステムの中心に立つ業界最大のプレイヤーだ。(関連ニュース:単なるIPベンダではなくチップ開発のゲームチェンジャーを目指すSiFive

一方のDTSインサイトは、長年組込みソフト開発の分野でビジネスを展開。ICE/JTAG、フラッシュマイコン・プログラマなど自社ツールの提供と合わせて、Armの代理店としての幅広い活動が組込み業界では有名。DTSインサイトという社名は2017年からで、旧横河ディジタルコンピュータと言った方が通りがいいかもしれない。

SiFiveは既に中国、韓国、台湾に拠点を設けており、日本オフィスの開設も時間の問題と思われていたが、日本では拠点は置かずDTSインサイトと代理店契約という形に落ち着いた。以前、SiFiveの創業者であるKrste Asanovic氏と会話した際に「日本がネガティブという訳ではないが、RISC-Vの採用に対してはるかにポジティブな中国、韓国、台湾市場を優先している」と語っていたのを思い出す。

DTS01.png

ともあれ、これまで日本ユーザーとしては、Web経由でSiFiveと直接やり取りするしか無かったが、今後はDTSインサイトが代理店として、SiFiveソリューションの利用について日本国内で全面的にサポートしてくれる形となった。これは日本企業にとっては嬉しい限りだろう。実際にDTSインサイトによって行われるSiFiveの代理店業務および付加サービスは下記の通り大きく3つある。

1.SiFive社のIP製品(RISC-Vベースプロセッサ)の提供

DTSインサイトは代理店としてSiFive社のIPの導入を検討、評価の段階も含めてサポートしてくれる。SiFiveのIPコアはWeb上のツールを用いて様々な構成を検討できるが、それらツールの利用や構成検討などについてもDTSインサイトのサポートを受けられる。契約についてはユーザーとSiFiveの直接契約となるが、契約後の製品保守およびサポートは日本国内でDTSインサイトが対応してくれる。

2.SiFive社のIPをベースとしたLSIデザインサービス

顧客のニーズに応じてSiFiveベース/RISC-VベースのLSI開発(ハードウェア設計)を請け負ってくれる。LSIデザインサービスはSiFiveの代理店を前提にDTSインサイトが立ち上げた新規ビジネスで、パートナー企業と連携して顧客のカスタムニーズに応える。サービスの一環として開発環境(ボード、デバッガなど)の提供やファームウェアの移植なども想定されている。

3.SiFive社のIP向けのソフトウェア開発サービス

DTSインサイトのこれまでの経験と実績の強みを活かして、SiFiveのIP向けのソフトウェア開発を包括的にサポートする。既存のプロセッサからRISC-V(SiFive)への移行に伴うソフトウェアの移植や新規開発など、LSIデザインサービスのみならずSW開発環境を含めたサービスを提供する。

DTS02.png

なお、DTSインサイト LSI Design Service部 部長 近藤 芳人氏によると、ここ最近の国内でのRISC-Vの盛り上がりを受けて、既に同社にはSiFiveのIPに関する多数の引き合いがあるとの事。RISC-VベースのIPコアは昨今様々な製品が市場に流通し始めているが、既に300プロジェクト以上というSiFiveのチップ化実績は、手堅い日本ユーザーにとって大きな安心材料になっているようだ。またSiFiveのIPは、導入に向けてユーザー・フレンドリーな評価プロセスとそのための環境が用意されており、多くのユーザーが以下のような3つのステップで導入を進めていくという。

 Step1) トライアル
  - SiFive専用開発環境「CoreDesigner」の機能確認
  - あらかじめSiFive側が用意した、コンフィグレーション固定のプロセッサコア評価キット一式の入手
    評価キット:Verilog RTL、Xilinx ARTY A7 100T用ビットストリーム、 検証ベクタ、ドキュメント

 Step2) 評価契約(基本期間:1ヶ月)
  - SiFive専用開発環境「CoreDesigner」の全ての機能が利用可能
  - ユーザが「Core Designer」でコンフィグレーションしたプロセッサコア評価キット一式の入手
    評価キット:Verilog RTL、Xilinx ARTY A7 100T用ビットストリーム、 検証ベクタ、ドキュメント

 Step3) 本契約(基本期間:1年間保守料込みサブスクリプション方式)
  - SiFive専用開発環境「CoreDesigner」の全ての機能が利用可能
  - Step2に対する製品実装権の取得

DTS03.png
※画像は全てDTSインサイト提供のデータ

「RISC-V」の起こしたオープンソースISAというムーブメントは、日本国内でも急速に支持者とエコシステムが拡がっており、「RISC-V」はようやくウォッチ対象から検討対象/試行対象へと変わりつつある。RISC-VベースIPの本命製品として、日本におけるSiFive製品の今後の展開およびDTSインサイトのサポートに期待したい。

DTSインサイトは9/30開催のRISC-V Day Tokyo 2019 および10/3開催のDesign Solurion Forum 2019 に出展し、同社のSiFiveソリューションを展示する予定。 

株式会社DTSインサイト
SiFive

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/09/27 )

 

ページの先頭へ