NEWS

 
メンターグラフィックス
 

Arm、MLプロセッサをファミリー化して新たなコアを2品種追加

2019年10月23日、Armは新製品となるマシンラーニング推論向けの専用プロセッサ「Ethos-N57」および「Ethos-N37」を発表した。

プレスリリース

Armは今回発表したマシンラーニング推論向けの専用プロセッサを「NPU」と呼び、「Ethos NPU」という新たな製品ファミリのラインナップとした。今回発表された二つのコア「Ethos-N57」および「Ethos-N37」は、ローエンドからミッドレンジのエッジ端末に向けられたもので、性能的には最初に発表されたArmの「MLプロセッサ」の下位製品となる。パフォーマンスと必要なメモリ帯域のイメージは以下の通り。「Ethos-N57」はマシンラーニングの性能と電力効率のバランスを重視したコア、「Ethos-N37」は小型化を意識した少面積のコアという位置づけとなる。なお、既存の「MLプロセッサ」は、今回の新ファミリ化に伴い「EthosーN77」と呼ばれるようになっている。

「Ethos NPU」ファミリがサポートするデータ型はInt8およびInt16。データの移動に伴う電力消費を抑えるために、独自のデータ管理技術を使用している。畳み込みアルゴリズムWinogradの利用などにより、他のNPUと比較して2倍以上の性能を実現できるという。

Arm ML Usecase Diagram.png-1024x0.png
2019-10-25 11.28.57.png
※画像はArm Web上のデータ

アーム株式会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/10/25 )

 

ページの先頭へ