NEWS

 
メンターグラフィックス
 

Accelleraがアナログ/ミックスドシグナル設計向けの検証メソドロジ「UVM-AMS」の標準化に着手

2019年11月19日、ハードウェア設計言語・技術の標準化団体米Accellera Systems Inisiativeは、UVM-AMSワーキング・グループの発足を発表した。

プレスリリース

UVM-AMSワーキング・グループは、デジタル設計で標準化されている検証メソドロジUVM(Universal Verification Methodology)をアナログ/ミックスドシグナル設計向けに拡張するために立ち上げられたグループで、UVMに基づく統一されたアナログ/ミックスドシグナル検証方法の標準化を目指す。

具体的な活動としては、まずUVM-AMSの業界要件の取りまとめを行い、標準化の取り組みの範囲に関するホワイトペーパーを作成。その後に、UVM-AMS標準を定義する言語リファレンスマニュアル、リファレンス・インプリメンテーションの作成を行う。

UVM-AMS Working Group
Accellera Systems Inisiative

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/11/20 )

 

ページの先頭へ