NEWS

 
メンターグラフィックス
 

久しぶりに発表されたSynopsysの買収案件2つ、eSiliconとDINI Group

2019年11月11日、Synopsysは、ファブレス半導体ベンダeSiliconの資産買収を発表した。

プレスリリース

Synopsysによると買収するのは、TCAM(Ternary Content Addressable Memory)、マルチポート・メモリー・コンパイラなど組み込みメモリ関連のIP資産と、高帯域幅メモリー・インターフェイスなどのインタフェースIP資産。合わせてR&DのエンジニアもSynopsysに移籍するという。eSilicon社の本体はInphi Corporationが買収することを発表している。

Synoposysの買収案件もう一つは、DINI Groupの買収。Synopsysは11月15日にDINI Groupの買収完了を発表した。

プレスリリース

DINI GroupはFPGAベース・プロトタイピングボードの老舗で同分野の草分け的な存在。Xilinxベース、Alteraベース、両タイプのFPGAボードを提供しており、日本国内にも長年複数のユーザーを抱えていた。

日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2019/11/18 )

 

ページの先頭へ