NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
DTSインサイト
 

WSTSの2020年春季半導体市場予測、今年は前年比3.3%増のプラス成長

2020年6月9日、WSTS(WORLD SEMICONDUCTOR TRADE STATISTICS:世界半導体市場統計)は、2020年春季半導体市場予測を発表した。

プレスリリース

発表によると今回の予測会議は新型コロナウィルスの影響で中止となり、加盟各社の予測値の平均値を基に予測値をまとめた。

2020-06-10 7.21.07.png
※画像はWSTS発表資料抜粋

WSTSによると、2020年の世界半導体市場は前年比3.3%増、翌2021年は前年比6.2%増と回復していくという予測。前年比マイナス12%となった2019年に対し今後2年はゆるやかに回復するが、過去最高を記録した2018年の水準には届かないという見立てとなる。

2020年の成長予測の要因はメモリ市況の回復でメモリを除いた市場は前年比-0.7%。
2021年はメモリ以外も回復し全体の成長率を押し上げる格好となる。

日本市場を円ベースで見ると2020年は2年連続のマイナス成長となり前年比4.2%減の約3兆7,535億円。
2021年は前年比3.3%増で市場規模約3兆8,787億円となるが、2019年の約3兆9,187億円には届かない。

WSTS

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2020/06/10 )

 

ページの先頭へ