NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
 

NSITEXEがシミュレーション用にImperasのRISC-Vリファレンスモデル(ベクトル拡張対応)を採用

Large_600x120.gif

2020年9月24日、バーチャル・プロトタイピング・ソリューションを手掛ける英Imperasは、日本のIPベンダNSITEXEによる採用事例を発表した。

プレスリリース

発表によるとNSITEXEは、自社で開発している次世代のRISC-Vベース・プロセッサの検証用にImperasのRISC-Vリファレンスモデルを採用。ImperasのリファレンスモデルはRISC-Vのベクトル拡張をサポートしており、検証スイートにはベクトル拡張のコンプライアンス・テスト用のテストケースが含まれている。これらの条件・精度がNSITEXEのニーズにマッチしたようだ。

Imperasのプロセッサ・モデルは仮想プラットフォームでの検証に利用するもので、ImperasはRISC-Vモデルの供給に力を注ぐと同時に、Chips Alliance, OpenHW Groupなど各種オープンソース推進団体に積極的に参画している。

なお、Imperasの製品はイーソルトリニティが代理店として販売している。

Imperas
イーソルトリニティ株式会社
NSITEXE

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2020/09/29 )

 

ページの先頭へ