NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
ケイデンス
 

RISC-VベースIPでゲームチェンジを狙うSiFiveの新事業「OpenFive」

2020年8月17日、RISC-VベースのIPコアを手がけるSiFiVeは、同社の新たなビジネスユニット「OpenFive」について発表した。

プレスリリース

発表によるとSiFiveの新事業「OpenFive」は、ドメイン・スペシフィックなSoC開発に特化した設計サービスで、RISC-Vベースのプロセッサに拘らず、あらゆるプロセッサ・アーキテクチャに対して中立な形でSoCのデザイン・サービスを展開するという。つまりArmベースのSoC設計も請け負うということだ。

SiFiveは元々RISC-Vベースの独自プロセッサIPのロイヤリティ・ビジネスだけでなく、それを用いたSoCデザイン・サービスを手掛けており、いかに短期間・低コストでSoCを製品化するかという視点で、クラウドベースの設計環境や各種デザイン・テンプレートの整備に力を注いでいた。

既に公開されている「OpenFive」のホームページを見ると、テープアウト実績は350以上となっており、同社のデザイン・サービスはかなり大きなビジネスに成長していることが分かる。

SiFiveの説明によると、「OpenFive」のデザイン・サービスでは、5nmプロセス・ノードの先端デザインや2.5Dパッケージング技術もサポート。SoCデザイン用のIPとしては、Interlakenコネクティビティ・ファブリック、400/800Gイーサネット、HBM2メモリ、USBサブシステム、ダイ間相互接続IPなどをが用意されているという。

SiFiveは、RISC-Vベースの独自プロセッサを主軸に、SoCのワンストップ・デザインサービスを実現するファブレス・ベンダとして事業を拡大していくことになりそうだ。

SiFive

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2020/09/03 )

 

ページの先頭へ