NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
DTS
 

CadenceとSynopsysがSamsung 3nm GAAプロセスにおけるツール認証を発表

Large_600x120.gif
2020年10月28日、CadenceとSynopsysは、Samsung Foundryの3nm Gate-All-Around(GAA)プロセスにおけるツール認証を同時に発表した。

Cadenceプレスリリース 
Synopsysプレスリリース 

Samsungの3nm GAAプロセスはMBCFETと呼ばれる独自のFET構造を持ち、TSMCに先駆けての量産を目指す野心的なGAAプロセスで、今年からリスク生産の開始が予定されていた。(TSMCは2nmプロセスからGAAを採用するとされている)

Samsung-3nm-gaa-image.png

今回CadenceとSynopsysの両社は、それぞれ自社ツールで構成するSamsung 3nm GAAプロセス向けのAMSデザイン・リファレンスフローをリリースし、これをSamsungが認証した。

Cadenceのフローは「Vituoso」を、Synopsysのフローは「Custom Compiler」を中心としたもので、Samsungの顧客は両社のツールを用いてSamsung 3nm GAAプロセスをターゲットとしたアナログおよびミックスド・シグナル設計が可能となる。

Samsung Foundry
日本ケイデンス・デザイン・システムズ社 
日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2020/10/29 )

 

ページの先頭へ