NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
DTS
 

BrainChip、エッジAI向けニューロモーフィック・プロセッサ「Akida™AKD1000」の量産を開始

16101_Dynamic_Duo_Launch_Ad_Japan_600x120.jpg

2021年4月13日、ニューロモーフィック・チップを手掛けるBrainChipは、エッジAI向けプロセッサ「Akida™AKD1000」の量産開始を発表した。

プレスリリース

BrainChipは当初2020年のチップ量産を計画していたが、ESのテストを経て「AKD1000」をエンハンスしオリジナルのデザインよりも更に低消費電力の動作モードを追加したとしている。

「AKD1000」のインプリメント(RTL以降の実装)は、パートナーのSocionextが行いTSMCへリリースしており、今年8月頃から供給が開始される予定。

BrainChipの「Akida」は、超低遅延、超低消費電力をうりにしており、Socionextのマルチコア・プロセッサ「SynQuacer」と組み合わせた動画/画像解析ソリューションもあるようだ。Socionextは「Akida」の販売についても協力する。

BrainChip

株式会社ソシオネクスト

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2021/04/15 )

 

ページの先頭へ