NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
DTS
 

RambusがCXL/PCIeなどインタフェースIPを手掛けるPLDA,AnalogXの両社を買収

CadenceLIVE_Japan_2021_EDA_Express_Website_Banner_600x120.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

2021年6月16日、RambusはIPベンダPLDA社およびAnalogX社の買収を発表した。

プレスリリース(PLDA買収)
プレスリリース(AnalogX買収

PLDAはPCI Expressを中心にCXL,CCIXなどインタフェースIPに注力するIPベンダで、ワールドワイドで6,000以上のライセンス実績を持つ。Rambusは今回の買収によりPLDAの提供するCXL 2.0、PCIe 5.0、PCIe 6.0コントローラーおよびスイッチIPを手に入れ、データセンター向けのインタフェースIPソリューションの拡充に期待を寄せている。

AnalogXは元IntelのSerDes開発者らが創業したカナダのIPベンチャーで、低電力のマルチプロトコル・インタフェースIPやダイ間およびチップ間のインターコネクトIPなどを手掛けている。Rambusは今回の買収によりAnalogXのSerDes技術を取り込み、自社のインタフェースIPの強化に繋げる狙い。

Rambusは今回の両社の買収と合わせて「Rambus CXL Memory Interconnect Initiative」の立ち上げを発表。同イニシアチブを通じてデータセンターのパフォーマンスと効率向上に向けたCXLベースの新たなソリューションの研究開発を進めていくという。

なお今回発表された両社の買収は今年第3四半期に完了する予定。

Rambus 
PLDA 
AnalogX 

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2021/06/18 )

 

ページの先頭へ