NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
DTS
 

Socionextが5G基地局向けASICでFlexLogixの組み込み型FPGAを採用

CadenceLIVE_Japan_2021_EDA_Express_Website_Banner_600x120.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

2021年6月21日、SoC組み込み型のFPGAコアを手掛けるFlexLogix Technologiesは、Socionextとのライセンス契約を発表した。

プレスリリース

FlexLogixによると、Socionextは大手通信会社の5Gワイヤレス基地局プラットフォーム向けの7nm ASIC開発でFlexLogixの組み込み型FPGA「EFLEX」を採用。

「EFLEX」を活用することで再プログラム可能なASICを実現し、従来別のFPGAで対応していたキャリアの要求に応じたプロトコル変更などのアップデートにASIC単体で対応できるようになった。FPGAを一つを無くしたことで基地局のパフォーマンス向上と電力削減というメリットも得られたという。

株式会社ソシオネクスト

FlexLogix Technologies

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2021/06/22 )

 

ページの先頭へ