NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
ケイデンス
 

QuickLogicがeFPGA IPのジェネレーター「Australis」を発表

DTS_temp.gif

2021年9月8日、QuickLogicはeFPGA IPのジェネレーター「Australis」のリリースを発表した。

プレスリリース

「Australis」はQuickLogicが提供するeFPGA IPをカスタマイズして実装するためのIPジェネレーターで、「Open Source FPGA Foundation」の提供する「OpenFPGA IPジェネレーター」をベースとしている。同ジェネレーターを利用することで、カスタマイズされたeFPGA IPを数日でGDSII形式まで落とし込むことが可能になるという。

「Open Source FPGA Foundation」はオープンソースのFPGA設計ツールとIPブロックの普及推進を目的に組織された団体で、QuickLogicも創立メンバーとして参画している。QuickLogicはオープンソース・ソフトおよびツールに積極的に投資しており、自社のソリューションに積極的にオープンソースを取り込んでいる。

Open Source FPGA FoundationのOpenFPGA IPジェネレーター

Open Source FPGA Foundation

QuickLogic

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2021/09/09 )

 

ページの先頭へ