NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
DTSインサイト
 

Synopsysが信頼性解析のサインオフツール「PrimeSim Reliability Analysis」を発表

DTS_temp.gif

2021年9月13日、Synopsysは新製品「PrimeSim Reliability Analysis」を発表した。

プレスリリース

「PrimeSim Reliability Analysis」は、大手半導体ファウンドリの認証を取得している信頼性解析のサインオフツールで、マシン・ラーニング機能を併用し信頼性解析に伴う以下の各処理を高速に実行できる。

・高シグマ値のリーフセル・キャラクタライゼーション
・スタティック回路チェック
・パワー/シグナル・インテグリティ解析
・EM/IRドロップのサインオフ解析
・MOS経年劣化解析
・アナログ・フォルト・シミュレーションによる機能安全性/テストカバレッジ解析

「PrimeSim Reliability Analysis」を使うべき理由として大きく謳われているのは、製品ライフサイクルの初期段階、通常稼働段階、終期段階で起こりうるシナリオや機能安全など各種規格に準拠した総合的な信頼性検証を実行できるという点。これによりSoCの過剰設計やコスト増加要因となる開発後期段階でのECOを防止するだけでなく、SoCの機能安全、信頼性、全体性能を改善することができるという。

「PrimeSim Reliability Analysis」は、車載、航空宇宙、防衛、医療、5GなどミッションクリティカルなSoCの開発に向けて用意されたソリューションで、既に半導体大手各社が採用している。

SNPS_PrimeRA1.png
SNPS_PrimeRA2.png
※画像はSynopsys提供のデータ

日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2021/09/14 )

 

ページの先頭へ