NEWS

 
メンターグラフィックス
s2c
DTSインサイト
 

BluespecがXilinxのFPGA向けに最適化した超小型RISC-Vプロセッサをリリース

スクリーンショット 2021-10-04 7.54.38.png

2021年10月5日、RISC-Vプロセッサを手掛けるIPベンダBluespecは、新製品「MCU RISC-V processor family」を発表した。

プレスリリース

Bluespecの新製品「MCUファミリ」はXilinxのFPGAでの実装をターゲットとした超小型のRISC-VプロセッサでLUT数2,000以下で実装可能。制御ロジックを含むアプリケーションを実装する際に同プロセッサを利用すればFPGA上のリソースを節約できる。Bluespecは同プロセッサの無償評価版を提供中。「MCUファミリ」には、Artix-7 搭載のFPGA開発ボード「Digilent Arty」用のオープンソース・ツールチェーンとリファレンス・デザインが含まれている。

BluespecはFPGAユーザーを対象にRISC-Vプロセッサの普及を狙っており、「MCUファミリ」を含めて計3種類のRISC-Vプロセッサ・ファミリを提供している。

Bluespec

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2021/10/06 )

 

ページの先頭へ