NEWS

 
SIEMENS
s2c
DTSインサイト
 

Synopsys売上報告、2022年度Q3は前年比18%増の12億4800万ドルで好調維持

2022年8月17日、Synopsysは、2022会計年度第3四半期(22年5-7月)の四半期決算を報告した。

プレスリリース

発表によるとSynopsysの2022会計年度Q3の売上は、前年同時期比約18%増、前Q2比約2.5%減の12億4800万ドル、営業利益は前年比約12%増の2億2260万ドルだった。(※GAAP基準による会計結果)このQ3売上はQ2売上報告時の予測を若干上回るもの。Synopsysは2021年度Q3から4四半期連続で売上記録の更新を続けていたが、このQ3で記録の更新はストップした。しかしながら売上的には史上3番目の好結果で依然好調を維持していると言える。

若干話しは逸れるが、米Wall Street Journalは、8月17日付けで「半導体EDAソフトの米シノプシス、なお買い時」という記事を掲載している。

SNPS2022Q3.png

SynopsysはQ3(22年5月-7月)において以下のような発表を行なっている。

デジタル設計向けに新たなAIベースのデータ解析ツール「DesignDash」を発表
Analog Devicesとパワー・システム開発の効率化で協業
・NTT Application Security社を買収完了

Synopsysは、2022年度Q4(8月-10月)の売上を12億6300万-9300万ドル、2022会計年度の売上を50億ドル以上と予測している。

Synopsys株価推移
日本シノプシス合同会社

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2022/08/18 )

 

ページの先頭へ