NEWS

 
SIEMENS
s2c
 

2023年の世界半導体市場は前年比8.2%減の5268億ドル、2024年は13.1%増の見通し

2024年2月5日、米SIA(Semiconductor Industry Association)は、2023年12月の世界半導体売上(3ヶ月移動平均)を発表した。

プレスリリース

SIAの報告によると2023年12月の世界半導体売上は、前年同月比約11.6%増、前月比約1.4%増の486.6億ドルだった。世界半導体市場は2023年3月以降10ヶ月連続で売り上げ増を継続中。11月に単月売上が15ヶ月ぶりに前年同時期比5.3%増と前年実績を上回ったが、この12月も前年比増を継続した。2024年はこの回復基調を継続する見通しでSIAは現時点で13.1%のプラス成長を予測している。

なお2023年の世界半導体市場の売上は、過去最高を記録した2022年に対し8.2%減の5,741億ドルという結果に終わった。
2023年はNVIDIAの勢いもありロジック製品の売上が強く、売上合計1,785億ドルと前年を上回った。これに対して前年割れとなったのはメモリ製品で売上は計923億ドル。MCUは前年比11.4%増で計279億ドル。車載用ICの売上は前年比23.7%増の計422億ドルで過去最高を記録した。

スクリーンショット 2024-02-06 8.39.52.png

2023年12月の世界半導体売上を地域別に見ると、11月と同じく日本市場を除く全ての地域で前年比プラス成長を達成。中でも中国市場は前年比19.4%と力強い伸びを示し、北米が12.5%増とこれに続いた。

2023年12月の日本市場の売上を円ベースで換算すると前月比約5.9%減、前年比約1.8%増の約5,513億円。円ベースの売上額は為替レートの影響が大きく月替わりの変動を見せているが、ドルベースで見ると前年実績割れが依然続いている。

スクリーンショット 2024-02-06 8.53.56.png
SIA

= EDA EXPRESS 菰田 浩 =

(2024/02/06 )

 

ページの先頭へ